犬に生の食事を与える理由

犬に生の食事を与えるメリット

犬に生の食事を与えると、まず便が改善します。
これは、消化が良くなるためです。
便の量や回数が減り、臭いも驚くほど少なくなります。
また、犬が大喜びで食べてくれます。

生の食事は、健康な腸内細菌叢を作るよう促進します。
犬の代謝もよくなります。

犬にデンプンを食べさせる害

1.犬のホルモン(内分泌)に与える悪影響

大部分のドライフードは25~45%のでんぷんを加熱し、圧力をかけ、作られます。
ドライフードは、毎日「内分泌を虐待」するようなもので、健康的ではありません。
食べた後は、犬の血糖値が上昇します。
インスリンが出され、血糖値が下がります。
ドライフードを止める一番のメリットは、この急激な血糖値の上昇とホルモンの調整の「内分泌の虐待」を止められることです。

2.腸内細菌のバランスを崩す

グレインフリーのペットフードの本来のメリットは、でんぷん量が少ないことです。
余分なでんぷんは、腸内細菌のバランスも悪くします。
腸内細菌のバランスが乱れると、皮膚に問題が見られる個体が見られます。
腸内細菌のバランスが乱れたことで発生する皮膚炎は、生の食事に切り替えるだけで自然と良くなります。

ドライフードの形は、デンプンなしで作ることはできません。

グレインフリーというフードが存在しますが、グレインフリーではないドライフードの問題を解決しているとは限りません。
原材料がトウモロコシや小麦から、豆類や芋類に変わっただけのフードでは、穀類が入っていなくてもドライフードの問題を解決しているとは言えません。
大事なのは、デンプンの量を減らすことです。

 

なぜ生のまま食べるのか

1.たんぱく質の変性

煮沸、揚げ、焙煎、焼きなど方法を問わず食材を加熱することは、タンパク質を「変性」させます。
一度加熱した食材は、冷ましても元には戻りません。
「そのタンパク質は変性している」といいます。
加熱した食材にも栄養はありますが、生の食材はさらに多くの栄養をもたらしてくれます。
生の食べ物のメリットは調理による消化率の低下を避けるだけはありません。
天然の酵素や多くの有益な細菌は生の食べ物だけに含まれ、熱によって破壊されていない状態で食べることができます。

2.腸内細菌のバランスを保つため

もし、抗生物質を処方されていたら、抗生物質は患者自身の免疫で抑制できない特定の病原体を抑制することができますが、同時に重要で必要な細菌も殺してしまいます。
私たちはバクテリアがなくては生きていけません。
腸内細菌のバランスを保つために、犬の食事を生にすると同時にキムチ、ヨーグルト、チーズなど細菌の恩恵を受ける食材(発酵食品)も使うことができます。

どうしても生の食材を与えることができない場合

その場合はフリーズドライという方法があります。
フリーズドライは食品保存の最も有効な方法として認識されています。
長期間の保存が可能で、栄養素の損傷が最小で済みます。

犬に生の食事を与える理由

犬のための生の食事、またはフリーズドライの食べ物は栄養素の消化性があり、加圧や加熱によってい加熱された製品より優れています。
天然の酵素活性は保存されています。

ビタミンは熱による損傷を受けていない状態のままです。
親和性のある細菌(良い細菌)は繁栄できます。

生食に比べて、ドライフードは経済的で便利です。
しかし、ドライフードは最高の栄養ではありません。
最高の栄養を得るには、生で食べることやフリーズドライであることが必要です。

予算が許す限り、生の食べ物を犬の食事に入れてください。
あなたの犬は活力にあふれ元気になり、医療費がかからなくなります。

あなたと、あなたの愛犬の両方がより幸せになります。

今すぐプロのサポートを受けて手作り食を始めたい方はこちら

この記事は、こちらの記事を参考にさせていただきました。
dogs naturally magazine
[UPDATED] Raw Feeding Primer: 10 Simple Rules To Get Started
https://www.dogsnaturallymagazine.com/why-feed-raw/