犬を愛する飼い主が手作り食を取り入れる3つの理由

ごはんを食べる犬

あなたの周囲に犬のエサを手作りしている人はいませんか?

ペットフードがこんなにたくさんあるのに、なぜわざわざ手作り食を取り入れるのか。
疑問に思ったことはないでしょうか。

犬には総合栄養食を与えれば栄養バランスが取れるのに、なぜわざわざ栄養バランスが難しい手作りご飯に挑むのか。

あの人よっぽど暇なのね。
それか、よっぽどお金が余っているのね。
私にはできない。

なんて思ってはいないでしょうか。
犬の手作り食は、実は忙しい人、犬にお金をかけづらい人にこそお勧めなのです。

この記事ではペットフードがこんなにたくさんあるのに本当に犬を愛する飼い主がわざわざ手作り食を取り入れる3つの理由について書いています。

犬の手作り食を取り入れる3つの理由

1 犬の「個体差」に対応できる

ペットフードは、栄養源や食材だけでできているわけではありません。

流通の過程で減少してしまう栄養を、人工の安価なサプリメントで補っています。

人工のサプリメントの栄養素と、天然の食材に含まれる自然な栄養素は全く別のもので動物の体の中で同じ働きをしないということをご存知でしょうか。

また、ペットフードは工場から家庭に届くまでの間に、様々な品質低下という変貌を遂げます。

脂肪が酸化し劣化するため、酸化防止剤が使用されます。

人工の酸化防止剤は毒性も認められているため、比較的ナチュラルな酸化防止剤が良いとされています。
天然の酸化防止剤は、酸化防止作用が弱いです。

酸化した脂肪ほど、身体に悪いものはないと言われます。
天然の酸化防止剤が使われているエサや、酸化防止の措置が取られていない無添加の餌も犬の不調の要因となっていることがあります。

犬の健康よりも飼い主の利便性を優先する保存料などの添加物

飼い主に
「おいしそう!」
と思わせるための着色料など、ペットフードは様々な化学物質の塊でもあります。

ドライフードの一般的な製法では、食材に何度も何度も圧力を加えられます。
でんぷんを多量に含む生地を高温で長時間加熱する製造過程で、自然な栄養素は全て破壊されます。

さらに、高温で長時間加熱するため、タンパク質は変性し、発がん性が指摘されている化学物質(AGEs-終末糖化産物)をたっぷり含むエサに変貌を遂げます。

ひとつひとつの化学物質は、犬の体に影響を残さないとされています。

これだけの多くの量の化学物質を一度に多くの種類を毎日毎食食べ続けた結果まで安全か、という実験はされていません。

犬には「個体差」があります。
このような特徴をもつドライフードを食べ続けても病気一つせず健康に過ごす犬もいるでしょう。

一方で、ペットフードの中の「何か」に反応して、様々な症状を訴える犬も少なくありません。

これだけ多種多様な犬の体調不良の要因を孕んだエサを毎日毎食与えられることで、慢性疾患になってしまう犬もいるのです。

うちの犬にとって、毎日食べさせられているエサが体に合っていないことが分かるのは、犬が病気になったときです。

手作り食にする飼い主の多くは、犬の不調にいち早く気付き、自分の手で改善したいと考えて手作り食を取り入れています。

犬への大きな愛情のひとつの形なのです。

ペットフードを一旦手放すことで、エサの中の犬の体に合わないものを一遍に省くことができます。

2 犬の健康な体をつくることができる

犬の手作り食の中でも非加熱の「自然食」であればペットフードでは決して摂ることができない、自然な栄養を摂ることができます。

犬の栄養の過不足がなくなり、自然と美しい均整の取れた体つきになります。
栄養不足で起こっていた犬の不調が減り、とても元気になります。

ペットフードで一番不足する栄養

一番不足する栄養は「水分」です。

いくら水やスープなどを飲んでも、生の食材が本来持っている本当に生体に必要な水分は生の食材からしか摂ることができないのです。

そのため「かくれ脱水」の犬が実はとても多いです。

生の食材で作る犬の自然食を取り入れると、犬の細胞が必要とする水分と栄養を毎日毎食摂ることができるようになり、犬が細胞から健康になれます。

3 犬の健康な心を作ることができる

どんなエサでも大喜びする犬がほとんどですが、中にはペットフードを嫌う犬がいます。
カラダにも心にも合っていないサインはでていないでしょうか。

1食をすべて手作りご飯にしなくても、食材を取り入れることでごはんがおいしくなり、犬が大喜びしてくれます。

犬の飼い主にとって、これ以上の幸福があるでしょうか。
今までよりもおいしく、大喜びしてくれる手作りのごはんを与えるだけで、犬が勝手に健康になっていきます。

手作りごはんに切り替えるのではなく犬の食事の幅を広げよう

 

犬の手作り食は、実践してみると実は拍子抜けしてしまうくらいカンタンです。

私がお伝えしている「犬の自然食」は毎食5分で作ることができます。
加熱も作り置きも一切しません。

安価なペットフードよりは人間用の食材を使用するため少しお金がかかります。

一方で、体調が良くなり病院へかかる機会が減ります。
犬の体臭もものすごく減るので、トリミングサロンにかかる費用も激減します。

毎食5分の時間をかけるだけで、犬にかかる費用の合計は激減するでしょう。

犬の手作り食は、犬の医療費をかけたくない方に特におすすめです。

犬が急に体調を崩すことも減りますから、仕事があるのに慌てて動物病院へ駈け込むこともほとんどなくなります。

忙しい飼い主にこそ、犬の手作り食はお勧めです。

犬の手作り食の恩恵を受けるために必要なたったひとつのこと

それは、犬の手作り食の正しい知識をしっかり身につけることです。

栄養バランスの不安を感じながら手作りの餌を続けるのは、論外です。
食べる犬に失礼な、命を軽んじる行為です。

犬の手作り食というと、レシピを探して再現してしまう人がいます。

今までペットフードを中心に食べてきたのに、いきなり1食を手作りに置き換えてしまうと、体がびっくりしておなかを壊してしまう犬がいます。

犬の食事改善のためにまず何をしたら良いか?

手作り食を取り入れるには、最初が最も肝心です。
ネットでちょっと見た情報で安易に始めてしまい、犬に辛く苦しい思いをさせてしまう方が非常に多いです。

できれば、最初は信頼できる先生に習い、犬の個体の特徴や体質、消化力を見極めながら少しずつ取り入れることをお勧めします。

絶対にやってはいけないのは、他人のレシピを真似すること。
そして、よく知らない他人に自分の犬のごはんを作らせないことです。

よく知らない他人が体に良さそうなものを詰め込んで手作りしたとしても、それはペットフードと同じ餌です。

犬種や体重だけでなく、その犬の「個体差」は飼い主にしかわからないものです。

他人の犬のレシピに価値はありません。

あなた自身が、あなたの愛する犬にとって今日必要な食材を選び、与えられることが大切。
あなたの犬のレシピを作ることができるのは、あなただけ。

ネットでレシピを検索したり、売っている手作り食を買ってしまうと、栄養バランスすら取ることができず犬の体調を大きく崩すことになります。

知識がないまま手作り食を取り入れるのではなく、自分の手でレシピが書ける知識を身につけましょう。

 

犬の真の健康のための食事について9日間の無料メール講座を配信しています。
今まで習ってきたどの先生も、こんなに大切なことを教えてくれなかった!と好評です。

実践していただければ、愛犬は必ず今よりも健康になれます。

犬の手作り食の講座をオンラインでご提供しています。

ご提供中のメニュー一覧へ

 

犬の手作り食を取り入れた方の声はこちら

お客様の声一覧へ