スーパーフードって何?猫と犬にスーパーフードが役立つワケ

札幌犬猫手作りごはん部

スーパーフードとは

スーパーフードとは、はっきりと特定の食品を定義したものではなく

「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」を指します。

(参照元:一般社団法人日本スーパーフード協会HP

犬や猫にスーパーフードをお薦めするワケ

犬や猫は肉食性の動物です。
生きるために必要な栄養素は本来獲物を狩るだけで摂ることができます。

野生動物たちは、日々自分で食べるものを選んで栄養バランスを取ったり、今の自分に必要な食べ物を選んで、自分で体調を整えています。

ところが、自由に外に出られない犬猫たちは自分で食べるものを選ぶことができません。

100%、飼い主さんの手に委ねられています。

ペットフードはもちろん、手作り自然食であっても犬猫にとって「完璧な食事」とは程遠いモノです。

飼い主さんが知識をもって食べるものを厳選することが必要です。

たとえ飼い主さんが用意する食事がいくら良いものでも犬猫たちが食べられる量には限りがあります。

特に多すぎる植物性食品は弊害もあります。

 

 

 

ですから、植物性食品は特に「少量で栄養価が高いもの」をお薦めします。

犬猫たちにとってスーパーフードは少量で栄養を補ってくれる副作用のないサプリメントです。

さらに、スーパーフードは植物にしかない「ファイトケミカル」を持つのが特徴です。

動物性の食材だけでなく、植物性食品の持つ栄養や植物にしかない食品の力「フィトケミカル」も犬猫たちにとって有効です。

犬猫たちにとって室内は有害な化学物質や電磁波に曝され、逃げ場がない環境でもあります。

有害物質の解毒や活性酸素の除去にもスーパーフードは役立ちます。

ファイトケミカルには耳なじみのある「ポリフェノール」「茶カテキン」「イソフラボン」「スルフォラファン」などなど様々なものがあります。

それぞれ、「抗酸化力」「抗糖化力」があり、様々な不調の改善に役立ったり、疲れた体を癒してくれたり、デトックスを手助けしてくれます。

「自然食」ですらも再現できない犬猫たち本来の食事に栄養をプラスできる。
植物が持つ特別な力が、解毒や活性酸素除去に役立つ。

これが、スーパーフードを活用することをお薦めする大きな理由です。

 

犬猫たちに勧めるスーパーフードの基準

・中毒を起こさないことが分かっている
・犬猫たちに不足しがちな栄養素が多く含まれる
・少量で多くの栄養を摂ることができる
・抗酸化力があり、犬猫たちの活性酸素除去に役立つ
・使うことによるデメリットが少ない

 

すべてのスーパーフードやハーブが全ての犬猫に良いとは限りません。
スーパーフードだから、私に良いから犬猫にも良いだろう、と知識なく飛びついてしまうのは危険なことです。

どんなスーパーフードがどんな子にお勧めなのか。

普段から使える食材や、時々、また気になる不調があるときに使えるハーブなど、様々なスーパーフードを個体に合わせてセミナーでお勧めしています。

9月開催の「猫と犬のためのスーパーフード活用法セミナー」にてご確認ください。

普段の手作り自然食の「入門編」「基礎コース」では時間的にお話できない内容になります。

犬猫たちの体に優しい食材や栄養補助食品を上手に活用できる賢い飼い主になりましょう。